植木の移植

植木の移植

福岡県では植木の移植の時期は、針葉樹で2月~4月。10月~11月。常緑樹は3月~5月ただし、みかん類は寒い時期は避けて暖かくなり始めた時期から梅雨時くらいまでに行います。落葉樹は2月~4月、10月~12月となります。葉が落ちている冬の時期に行います。小さな木なら根に土がつかない状態でも大丈夫です。大きな木でも丁寧に細根を残して掘り、根を水洗いして振るい根の状態で移植できます。

重機などを使う場合がありますので、早めにご相談いただけると、計画が立てやすくなります。

植木の移植は適している時期のみ動かす事が出来ます。
移植の時は枝葉の蒸散を抑えるため半分の葉を落として、根鉢を壊さない様に慎重に掘り上げて行きます。

植木の移植 植木の移植 植木の移植 植木の移植

お庭のリフォームや大きくなって日当たりをさえぎるようになったときに移植を考えられるとよいかと思います。移植には適した時期というのもがありますので、前もって計画することがポイントです。

宮原福樹園では、木を大切にし生かす移植を心がけています。

見積無料