カンキツ類(柑橘類)レモンの手入れや剪定

柑橘類といえば、オレンジ、柚、きんかん、レモンと言ったように、 種類も豊富ですが、どれも花が咲く時期は同じで、5月~7月ごろです。

※写真はクリックすると大きくなります。
カンキツ類(柑橘類)レモンの手入れ

レモンがたわわに実っています。

カンキツ類(柑橘類)レモンの手入れ

レモン剪定中

カンキツ類(柑橘類)レモンの手入れ

レモン剪定前

カンキツ類(柑橘類)レモンの手入れ

レモン剪定後

強く剪定しない!
柑橘類を強く剪定してしまうと、徒長枝が伸びすぎてしまい「花芽」がつきにくくなります。 剪定は花が咲いている時期に花を見ながら調整していきます。 花がつきすぎると、次の年の収穫が減るからです。 鉢植えの場合は紡錘形、庭植えの場合は半円形に仕立てます。 2月下旬から3月上旬に日当てや風通しを良くするよう間引き剪定をします。 不要な枝は根本から切り落とします。トゲがありますので注意してください。

日あたりのよい場所に!
日陰や寒い場所には植えず、日光も良くあたり、風の通りもよくて暖かい場所に植えると、 柑橘類はすくすく育って、害虫の心配もあまりなく、実もたくさんなります。

摘果をする!
夏から秋にかけて1ヵ所にたくさんの実が付いている場合は1~2個残して、あとは摘果します。

宮原福樹園より

比較的害虫がつきやすいので、見つけ次第薬剤散布をしましょう。 ご家庭でしたら無農薬にこだわってもいいでしょう。 有機質肥料を与える!完熟堆肥など有機質肥料を与えると甘い果実が実り、健康な木に育ちます。

その他の樹木の手入れはこちら

見積無料