太宰府市 S様邸 松の手入れ

施工データ
■作業場所:太宰府市都府楼南 S様邸 
■作業費用:3万円
■作業内容:松の手入れ
太宰府市都府楼南 S様邸 松の手入れ
ご依頼経緯
80歳を過ぎたご主人がご自分で手入れを続けていらっしゃる松です。詳しい手入れの方法がわからないまま、長年手入れをしていたら枝が長く、厚くなり、どうしても思う様にならずご依頼を頂きました。
太宰府市都府楼南 S様邸 松の手入れ

松 手入れ前

太宰府市都府楼南 S様邸 松の手入れ

松 手入れ後

6~7月に新芽を鋏で切ったり、冬に古葉をむしる手入れを長年繰り返していただいています。

【手入れの仕方】
徒長枝やからみ枝、垂れ枝などを取り除き、通風や採光を悪くしている重なり枝や上に向かっている枝を落として、わき芽を残します。
枝先を下へ下へと向かうようにしたり、外へ流れるように向かうように仕立てていきます。場合によっては竹やひもを使って誘引する必要があります。
太宰府市都府楼南 S様邸 松の手入れ

松 手入れ前

太宰府市都府楼南 S様邸 松の手入れ

松 手入れ後

この松はアイグロと呼ばれる、黒松と赤松の交配種です。かんぬき枝などの不要枝がありますが、一度に落とすと、さびしくなりすぎるので、またの機会にしましょう。
見積無料