久留米市野中町 植木の移植、I企業様

施工データ
■施工日:平成28年6月23日
■作業員:4名         
■作業内容:植木の移植作業(抜根編)
iii01
ご依頼経緯
企業様からのご依頼を頂きました。
会社の敷地内の建物を新しく立て直すそうです。
その時に、「モチノキ」を切り倒さないといけないそうですが、創業当時からあり、記念の木だそうで、切り倒したくなかったそうです。
そんな時にご相談を頂き、お話し合いの上、移植することになりました。
作業前

作業前

作業後

作業後

今回は移植を早めに行いたいという事と、モチの木は生命力が強く、木の状態も比較的良かったので、考慮しながら移植を行いました。
植木の状態や種類、季節によっても移植作業の内容は変わってきます。
iii04
iii05
4m程のモチノキなので、根っこがしっかり地中に這っているはずです。
周りの花壇や低木の植木は、作業がしやすいよう取り除いていきます。
今回はユンボを使い、周りを掘っていきました。
iii06
iii07
地中には水道管やガス管、その他色々な管があるので、掘る場合は確認をしっかり行います。
iii08
iii09
太い根っこが出てきました。
この根っこは、チェンソーを使って切りました。

ある程度周りをユンボで掘り、出てきた根っこをハサミやチェンソーで切り終えたら、ユニックを使い横に力を加え倒していきます。
iii10
iii11
横に倒すと、木の真下の根っこが現れるので、また切っていきます。
今回は移植作業なので、根っこの周りに「鉢」を残しておきます。
iii12
iii13
掘り起こした後は、すぐ別の場所に植え替えました。根が地中から出てきた瞬間から乾燥が始まります。
もちろんこのまま何もしなかったら枯れてしまいます。

今回の移植では、太い枝を切っているので、枯れないか心配な所はありますが、根もしっかり残しているので、大丈夫かと思います。
植え替えた後は、たっぷり水をあげます。
作業前

作業前

作業後

作業後

建物が完成して植え替える予定です。
植え替えてまで大切にしたい木があるとは、とても嬉しい事ですね。
同じことでお困りの方は是非一度ご相談、頂ければなと思います。

植木の種類、大きさ、根の張り具合、状態などで作業内容が大きく変わるのが移植作業です。
大切にしているからこそ私たちも最善の方法で対応したいと思っていますので、お考えの方は、早めにご相談下さい。
見積無料