久留米市 剪定

施工データ
■住所:福岡県久留米市
■施工日:平成29年3月14日
■作業員:4名         
■作業内容:ケヤキの剪定
剪定作業

剪定作業

ご依頼経緯
大きなケヤキ剪定のご相談を頂きました。
ご依頼者様は、定期的に枝落としを行っていたようですが、ケヤキの枝がグングン伸び、手が付けられない状態にお困りでした。ご依頼を頂き、伺いましたが、ユニックが必要なほど伸びています。
このまま放っておくと、近くの電線に当たりそうですし、ケヤキは落葉樹なので、近隣の方々にもご迷惑をかけてしまいます。また、敷地内には他の植木もあったのですが、ご依頼者様は植えた覚えが無かったそうです。
きっと、鳥が実を運んできたのでしょう。それがグングン成長しているようです。
お話しあいの上、スッキリさせたいとの事でしたので、ケヤキは枝を短く剪定し、いらない植木は、伐採することになりました。また、草刈も一緒に行う事にしました。
作業前

作業前

作業後

作業後

ケヤキの枝を短く剪定しました。ケヤキは比較的生命力の強い木です。
枝も、グングン成長しているので、これだけ剪定を行っても、問題ないでしょう。
作業前

作業前

作業後

作業後

お隣のお家との境目にある植木です。枝がはみ出してご迷惑をかけないよう剪定を行いました。
草刈も行っているので、作業後はとてもスッキリしています。
作業前

作業前

作業後

作業後

ユニックを使い、枝を落としました。近くに電線があり、枝も一本一本が太くて長いので、時間がかかりますが、細かくしながらチェンソーで切り落とします。
おかげで、トラブルもなく作業が終わりました。
宮原福樹園より
草刈ですが、種が落ちる前の時期が比較的お勧めです。
草の種が落ちると、そこから草が成長するので、夏場の草刈はあまりお勧めしていません。ご依頼者様のご要望にも、もちろん合わせられますが、晩春か、晩秋がいいと思います。ご依頼者様にもスッキリしたと感じて頂き良かったです。
今の状態を保ちたいのであれば、ケヤキはせめて1~2年に一回の剪定でしょう。
草刈は、ご自身でも行っていらっしゃるという事なので、また気になってきたらでいいでしょう。
見積無料