ライラックの手入れや剪定

■特徴

  1. ライラックはヨーロッパ生まれの落葉花木です。

  2. 花は枝先に穂状に多数つけ、芳香があります。

  3. 耐寒性が強く、花期が長く、冷涼な地域の代表的な庭園木で、北海道では公園木や街路樹としても植えられています。

種類
●アルバ
●ルブラ

栽培環境
日当たりを好みますが、西日には大変弱いので、植え場所には注意が必要です。水はけのよい土壌を好みます。

水やり
庭植えなど地植えの場合、ほとんど水やりの必要はありません。ただし、植栽の南限地域(関東地方から東海地方)では、真夏は朝に水やりをします。そのためにも水はけのよい土壌であることが必要です。鉢植えの場合も同様です。

肥料
早春(3月ごろ)と6月に、株の周囲に溝を掘り、鶏ふん、骨粉、油かすなどを施します。鉢植えの施肥は、緩効性化成肥料を土に埋め込みます。

病気と害虫
<病気:うどんこ病> 
固まった土壌や過湿になる土地では、梅雨どきにうどんこ病
が発生します。
image027

<害虫>
ほとんど見られません。まれにカミキリムシの幼虫(テッポウムシ)が食害するので、見つけしだい捕殺します。

植え替え
鉢植えは2~3年に1回、植え替えをします。作業の適期は11月から3月ごろです。寒冷地では、春または秋に植え替えます。
庭植えにする際は、11月から3月ごろ、事前に腐葉土などの有機物を植え穴によく混ぜてから植えつけます。寒冷地では厳寒期を避け、春または秋に植えつけます。

剪定
萌芽力が弱いので、込みすぎた枝や伸びすぎた枝など不要枝を休眠期に剪定する程度です。暖かい地方では、ほとんど剪定をしません。

宮原福樹園より

ふつう花冠の先は、4つに裂けていますが、ときどき5つに裂けているものがあります。これは「ラッキーライラック」と呼ばれ、恋のおまじないに使われます。

販売、植込み、剪定、消毒も行いますので、お気軽にご相談下さい。

ご依頼はこちらから⇒http://www.gardening-koubou.com/contact
その他の樹木の手入れはこちら

見積無料