モチノキの手入れや剪定


  1. モチの木は樹高が5~10m程になる常緑性の樹木です。

  2. 赤い実が秋に成りますが、雌雄異種である為、雌木にしかなりません。

  3. 時間が経てば経つほど大きくなるので、植える場所を考慮する必要があります。

  4. 剪定で大きさをある程度管理できますが、形を綺麗に保ちたいのであれば広い場所をオススメします。


image004

image005
樹形

image006
剪定後
栽培環境
栽培は容易で、ある程度の日陰にも耐えますが、本来は西日の当たらない日なたで育てます。

水やり
夏の極端に乾燥する時期には、朝か夕方にたっぷりと水やりをしますが、そのほかの時期は不要です。

肥料
2月から3月に、寒肥として固形の油かすや緩効性化成肥料を施します。

病気と害虫
<病気:すす病> 
カイガラムシの排せつ物によって、すす病が発生し、葉や枝に黒いすすがついた
ようになります。カイガラムシの防除に努めましょう。
image008

<害虫:カイガラムシ> 
枝が混んで風通しが悪くなったり、生育が悪くなると、カイガラムシが発生します。
一回発生すると被害が続くので、剪定によって風通しをよくします。

植え替え
1、植えつけは、4月上旬~5月下旬と、9月中旬~10月下旬に行います。
2、根鉢の2~3倍の大きさの植え穴を掘って、植え戻す土の1/3量程度の腐葉土と元肥を混合した用土で植えつけます。植えつけ時に、枝を間引いて風通しをよくするとよいでしょう。
3、根鉢のまわりに十分に水を注ぎ、棒などでつついて根と植え土をなじませます。ぐらつく場合は支柱を立てます。

剪定
1、剪定の適期は開花後の6月上旬から7月下旬です。樹形が乱れた場合は12月にもう1回徒長枝を剪定します。
2、大きくなるに従って樹形が整うので、自然樹形で楽しむ場合は、伸びすぎた枝を切る程度にとどめるとよいでしょう。
3、強い剪定にも耐えるので、好みの樹形に仕立てることもできます。
4、極端に樹形が乱れたり、仕立て直しをする場合は、3月に強剪定しますが、強く刈り込むと数年間は花つき、実つきが悪くなります。

image011
剪定前

image012
剪定後

宮原福樹園より

刈り込みに耐える気なので、ある程度小さく保つこともできます。しかし、剪定は透かし具合や、バランスの取り方が難しいです。

販売、植込み、剪定、消毒も行いますので、お気軽にご相談下さい。

ご依頼はこちらから⇒http://www.gardening-koubou.com/contact
その他の樹木の手入れはこちら

見積無料