ナンテン(南天)の手入れや剪定

1、南天は、暖かい地域の山林に自生する常緑、もしくは半常緑の低木です。
2、ナンテンと言う語感が「難を転じる」に通じる事から、縁起木としても親しまれています。
3、種類は約40種類と言われていますが、植木屋としてかかわりの深い種類を選んで載せています。是非、ご参考にして頂ければなと思います。
種類
●ナンテン
1、真っ赤な実がなり、縁起木な為、年末に切花として良く飾られます。
2、木自体が低木なので剪定し難いという事がなく、手もあまりかからないので育てやすいです。
3、実も比較的なりやすく、年末に切花を購入する家庭であれば、植えて損はないでしょう。
image004
ナンテンの実

image005
ナンテンの葉

image006
ナンテン樹形

●オタフク(お多福)ナンテン
1、こちらはナンテンと比べると、実のならないナンテンです。
2、紅葉時期には赤色になり、四季を感じる植木です。
image010
オタフクナンテン紅葉時

image011
オタフクナンテン夏時

image012
施工例


栽培環境
午前中の光が当たるような半日陰地を好み、強い西日の当たる場所は嫌います。

水やり
基本的に水やりは不要です。

肥料
冬に鶏ふんなどの有機質肥料と緩効性の化成肥料を混合したものを施します。

病気と害虫
<病気:モザイク病、葉枯病、すす病> 
葉が縮れてモザイク状になるモザイク病が発生することがあります。
またカイガラムシにともなってすす病が発生することがあります。

<害虫:カイガラムシ> 
初夏から秋にかけて、カイガラムシが発生することがあります。

植え替え
2月から3月ごろ事前に腐葉土などの有機物を植え穴によく混ぜてから植えつけます。

剪定
1、春(3月から4月上旬)に枯れた茎や衰弱した茎を根元から切り、新しい茎の伸長を促します。
2、枝が混み合ってきたなと思ったら行いましょう。風通しを良くしてあげる事で元気に成長します。

宮原福樹園より

豆知識ですが、ナンテンの実に似た「千両」「万両」がありますが、見分け方があります。「ナンテン」はブドウの房状に実がなります。「千両」は葉の下に実がなり、「万両」は葉の上に、固まってつきます。是非皆さんも見かけたら観察してみて下さい。

販売、植込み、剪定、消毒も行いますので、お気軽にご相談下さい。

ご依頼はこちらから⇒http://www.gardening-koubou.com/contact
その他の樹木の手入れはこちら

見積無料