ケヤキ(欅)の手入れや剪定

■花言葉:「重厚」
ケヤキの新緑は見事だし、秋の黄葉、紅葉も素晴らしいです。 各地に有名な「ケヤキ並木」があり、親しまれている樹木の一つです。

※写真はクリックすると大きくなります。
ケヤキ(欅)の手入れ

剪定前
大きくなりすぎると、屋根を傷めたり、
雨どいのつまりの原因となります。

ケヤキ(欅)の手入れ

剪定後
隠れていた窓もわかるようになりました。

枝を切り、樹形を整える
自然樹形でもホウキ状に整いますが、大きくなってしまうので、冬の落葉期に剪定を行います。 太い枝を切り落としても、枯れ込むことはあまりありません。 そのため、枝を同じ長さで切り戻して、ホウキ状を保つように樹形を整えます。

風通しを良くする
夏場は枝の込みすぎによる枯損枝の発生を抑える透かし剪定を行います。 風通しを良くすることによって、病虫害の発生や台風による風害の予防効果も期待できます。

宮原福樹園より

丈夫な木です!
比較的丈夫な木で、あまり害虫や病気はつきません。肥料は2月ごろ与えると良いでしょう。

その他の樹木の手入れはこちら

見積無料