スモモ(李)の手入れや剪定

■花言葉:「忠実」「貞節」「独立」「疑惑」「甘い生活」

※写真はクリックすると大きくなります。
スモモ(李)の手入れ

スモモ(李)

スモモはプラムと呼ばれる日本スモモとプルーンという西洋スモモに分類されます。

短い枝を残す!
剪定を11月~1月ごろまでに行います。 「花芽」は2年以上経った枝から伸びた短い枝につきます。 夏ごろは新梢の勢いが強ければ、先端を摘芯する。

肥料をやる時期
花が終わったあと、すぐに肥料を与えると実が大きくなりきれずに、落ちてしまいます。 木の元気がよくなり、実を結んでしまうからです。 有機肥料を寒肥として与えましょう。

摘果
5月頃、果実が2センチほどになった頃に摘果を行うといいでしょう。

宮原福樹園より

アブラムシがつきやすい!ウメやモモと同じくアブラムシがつきやすいです。
スス病など誘発しますので早めの駆除が必要です。

その他の樹木の手入れはこちら

見積無料