マンサク(金縷梅・満作)の手入れや剪定

■花言葉:「霊感」「ひらめき」「直感」「神秘」
ねじれた黄色の小花を沢山咲かせます。

※写真はクリックすると大きくなります。
マンサク(金縷梅・満作)の手入れ

剪定前

このマンサクの名前の由来は、「まず咲く」が「マンサク」になったという説と、 「豊年満作」の「マンサク」をとったという説があります。

剪定は花が終わってから!
剪定が落葉期になってしまうと、「花芽」を切ってしまうので、 花が終わったらすぐに、「花芽」を確認して昨年の枝を半分~3分の2程度の長さに切ります。

徒長枝はいつでもOK!
マンサクの徒長枝には、「花芽」がつかないので、いつ切っても良いでしょう。

肥沃な土壌が好き!
堆肥や腐葉土を株周りにすき込んであげましょう。寒肥、花後のお礼肥に油粕と骨紛を混ぜた物を与えます。

宮原福樹園より

トキワマンサク!マンサクの近縁種ですが、常緑性で大きく育ちます。

その他の樹木の手入れはこちら

見積無料