オウバイ(黄梅)の手入れや剪定

■花言葉:「恩恵」・「優美」・「気高い」・「控えめな美」
まだ他の花が少ない時期 3 月頃に咲くので,ゲイシュンカ(迎春花)ともいわれます。

※写真はクリックすると大きくなります。
オウバイ(黄梅)の手入れ

オウバイ(黄梅)

黄梅と言うように春、葉が出る前に美しい黄花を咲かせますが、香りはほとんどありません。

先端を切る
オウバイは前年に伸びた枝に「花芽」がついて、今年伸びた枝には「花芽」はつきません。 剪定は、今年伸びた枝を10センチほど残して枝先を切ります。 刈り込む場合は、花が散った後~「花芽」ができる前の6月ごろの間で、 前年の枝を10センチほど残して刈るのが良いでしょう。 自然樹形で大株に仕立てたり、主幹を立てて枝垂れさせます。 類樹種にウンナンオウバイがあります。 オウバイよりも花が大きく成長力が強いです。

日陰はダメ
乾燥した場所はダメですが、湿度がよくても日当たりが悪いところでは、育ちが悪いので注意が必要です。

宮原福樹園より

ハマキムシに注意!ハマキムシを見つけたら、早期に薬剤散布をしましょう。

その他の樹木の手入れはこちら

見積無料