アメリカハナミズキ(花水木)の手入れや剪定

■花言葉:「私の思いを受けて下さい」「公平にする」「返礼」「華やかな恋」
1912年、東京市長の尾崎行雄氏がアメリカに桜を贈り、その返礼として花水木が贈られました。 日米親善の木ですね。そして、ハナミズキと言えば、一青窈の歌が有名です。 この歌はアメリカの9.11同時多発テロ事件について、彼女が感じた想い、 願いの入った歌詞であり、先ほどのエピソードから作詞したとか・・・

※写真はクリックすると大きくなります。
アメリカハナミズキ(花水木)の手入れ

中心部の緑色の塊部分が、本当の花です。

アメリカハナミズキ(花水木)の手入れ

赤い果実

アメリカハナミズキ(花水木)の手入れ

勢いよく枝が伸びました。

アメリカハナミズキ(花水木)の手入れ

不用枝を途中からではなく、根本から切り落とします。

アメリカハナミズキ(花水木)の手入れ

ずいぶんとスッキリとしてきました!

アメリカハナミズキ(花水木)の手入れ

完成です。涼しげですね。

特長
花に見えているのはがくが変化したもので本当の花は中心部の緑色の塊部分にあります。赤い果実と紅葉も美しいのが特徴です。

整いやすい樹形
放置しておいても、自然樹形は整います。 ただし、庭のスペースにもよりますので、小型にしたい場合は、 ヤゴを切り取り、枝先の花芽を確認してそれを切らないように高さを調節します。 目的の樹高に仕立てたい場合は車枝、カンヌキ枝を処理しながら、芯を立てていきます。

花後の剪定と冬季の基本剪定
自然樹形を楽しむ樹木なので普通は強剪定しません。 花が終わったら、密集している枝や徒長枝を切って整理する程度の剪定をします。 10月になると、花芽が膨らみ始めるので残しつつ落葉期に剪定します。

宮原福樹園より

乾燥が苦手!夏に乾燥しすぎる時は水を与えてください。株元に腐葉土を敷くと効果的です。

その他の樹木の手入れはこちら

見積無料